• タイトル画像

    肩こり改善の方法を評価していく

    自律神経の高ぶりが筋肉を緊張させる

    頭痛や腰痛と肩こりは関連します
    入浴でストレスを解消する時間を


    clear

    肩こりでお悩みですか?

    肩こりを和らげる方法や有効な解消法について考えていきます。

    ”肩がこる”事は必ず何らかの原因があります。

    自分のこりの原因は何であるかを特定し、肩こりにならない為の知恵や、すでに堅くなってしまった筋肉を、正常な状態に戻すにはどうすればよいか
    など、改善していくためのコツについて知り、こわばった肩を改善しリラックスできる生活を目指しましょう。

    子供の頃から肩こりでした

    私は40代の男性ですが、30年ほど肩こりに悩まされています。

    よく「子供が肩こりは、ありえない」などといわれたものですが、私は10代の頃から肩の痛みや違和感からよくマッサージなどをしていました。

    マッサージ体操写真
     今日も一日肩こりの連続でした。明日は?

    私は肥満児だったうえに慢性的な運動不足の状態、そのうえ猫背でいつも背中をまるくした姿勢ばかりで、正しく座る意識は無かったので当然の結果だったのでしょう。

    お子様が「肩がこって勉強に集中できない」などと言った場合には、一緒に原因を考えてあげるようにしてくださいね。

    肩こりには、必ず原因があります。最近では運動不足で腰痛を伴ってるお子様もおりますので、「子供だからこんな病気になるなんてありえない」という考え方は問題ありだと思います。

    肩こりを病気と捉えるかは人それぞれだと思いますが、仕事を含めて日常生活が送れないかというと…そうでもなく、とりあえず「肩のこりは酷いけど・・」と悩みながら生活している方も多いかと思います。

      

    私は、肩こりが一段と酷いときは寝付けないときがあります。十分な睡眠は肩こり解消に効果がありますので余計に「早く眠りについて、肩こり解消しよう」と考えると眠れなくなります。

    肩こりがストレスとなり眠れないのか、日頃のストレスが原因で肩こりになり眠れないのか、眠れない事がストレスで肩こりになったのか….「卵が先か..鶏が先か..」疲れてきて肩こりになります。

    自分で肩こり解消プランが立てられないほどひどい肩こりであると感じる方は、病院へ行き医師に診てもらいましょう。

    診断のポイントは、肩、首、背中、腰などの骨や間接に異常がないかということと、内臓疾患からくる病気の可能性などです。

    病院は整形外科を受診しましょう

    clear

    めまい 手足のしびれ だるさ 頭痛などの症状が伴う場合は、医師がさらに検査が必要であると判断し、内科を薦められることもあります。

    最近では専門の医療機関「肩こり外来」が増えてきていますので、近くの医療機関をチェックしてみましょう。

    肩こり外来では、レントゲンやMRIはもちろん鍼(ハリ)治療、ストレッチやマッサージを指導する病院もあります。

    医師に診てもらった後に「重大な病気ではない」、または「背骨や首はまっすぐで異常なし」などの結果を受けることで、気が楽になり肩こりの症状も多少軽くなるでしょう。

    薬で完治することはありません

    clear

    肩こりは一般の病気のように薬の服用だけで治ることはありません。

    自分で原因や対処法、予防法を知り、肩こりにならない生活が出来るようになるには何をすればよいのかを考えることが大切です。

    こちらのホームページでは肩こりの原因について、症状別の対処法、自宅や職場での問題点など肩こり解消法に関して私が試行錯誤して考えついたことなどを記載しています。

    日頃の生活から気をつけたい事など、お医者さんでも口にしない庶民的な考えもいろいろ書いていますので、みなさんの肩こり解消のヒントになればと思います。


    このエントリをはてなブックマークに登録

    Yahoo!ブックマークに登録


    これが効きます。パソコン周り
    これが効きます。自宅にて
    石の遠赤外線とイオン効果
    寝具から見直そう

    【医療機関へ肩の症状を診療後、骨(頸椎)に原因がないことを確認し生活習慣の改善へ。】

    肩こりを治す方法(治療方法)について。首痛、背中の痛みがある場合。体操やストレッチにより体を動かすことで体中の血行が良くなり、原因となる筋肉の緊張を解し、堅くなった筋肉に溜まった疲労物質(乳酸)を流していきます。日頃から力を入れ続けて疲労している筋肉は休ませるようにし、逆に動かしていない部分は積極的に動かして、体中に血液が流れるように運動しましょう。
    血行促進は女性の冷え性にも効果があります。また女性には妊婦(妊娠の期間)がありますので、妊娠中は運動やツボ押しなどは控え、軽めのマッサージやカイロなどで患部を温めるようにし、頭痛や吐き気を伴う場合は、医師に相談し、薬を選択しましょう。

    日頃の姿勢には十分に注意する必要があります。頭の位置が肩と首のラインより前に突き出ていると頭の重力を支えるために首周りに余分に力が働きます。これが長時間つづくと筋肉が緊張して症状として表れます。

    同様に猫背の方や、なで肩の方、姿勢の悪い方などは、肩や首周りの筋肉に余分な緊張を与えてしまいます。日頃の仕事の姿勢から、パソコンを利用する場合の姿勢、自宅でテレビを見る時の姿勢など自分の問題点を見つけましょう。
    必ず原因が見つかるはずです。

    また、運動不足が原因となることも多いことから、首や肩周りの筋力を高めるようにしましょう。十分な筋肉量があることで肩こりや首のこりの予防になります。歩くことは、肩こり解消するうえで、大変よい運動です。ゆっくり歩くことで有酸素運動となり、体脂肪が燃焼することで減少し、体全体に適度な筋力がつきます。また、腰回り(腹筋、背筋)が強化されることで背骨をしっかり補強して悪い姿勢になりにくく、腕の前後運動で上腕から首筋にかけで満遍なくストレッチと体操の効果で緊張した筋肉がぼぐれていきます。

    特に自宅で就寝する際の寝具は注意して選びましょう。高級なマットレスなどは、数週間試してから購入できる商品などもありますので良く吟味して(体験して)十分に疲れが取れる寝具を選ぶようにしましょう。


    【肩に違和感や痛みを感じるときには、積極的にツボを押したりマッサージしてみましょう。】

    手のひらや上腕など有効なツボを押し、親しい方に協力してもらえるときには、首筋から背中のツボで患部を直接刺激しましょう。いろいろな健康に関するツボやマッサージを覚えておくことで様々な病気や、頭痛など体調が優れない時に重宝します。

    首のこり、肩の痛み(肩痛)、肩のしびれ、吐き気などひどい症状の場合。

    ひどい肩こりの症状に悩まされ、しびれや吐き気などを伴う場合は肩こり外来などを受診し、特に肩痛の治療や腕のしびれ(痛み)が強い場合には整形外科や整骨院を受診しましょう。有効であるとされるドリンク剤やビタミン剤を飲んで休むことも大切ですが、ほとんどの場合は、運動不足や緊張で堅くなっていますので、首のこりは首周辺を、肩のしびれ(腕のしびれ)がある場合は上腕周辺をマッサージしたりストレッチしましょう。またはツボを押して症状を和らげます。


    【 肩こりや冷え性、中性脂肪やコレステロールなど生活習慣病を改善するために。】

    運動不足の状態を続けていると、体脂肪が増えることから体重が増加していきます。また、血液中にも脂質が増加することから悪玉コレステロールや中性脂肪が増えていきます。増えすぎたコレステロールは、血管の内側に堆積していくようになり、やがて血管を硬くしてしまう動脈硬化の状態となります。

    スポーツなどではなく日ごろから歩く時間を出すことだけでも十分に効果があります。腕を振ることにより、肩こりの元となっている上腕から首の周辺までの筋肉をほぐしていくことができます。この運動を長時間継続すると有酸素運動となることから、脂肪を燃焼する効果が期待できます。

    もう一つの改善ポイントは食事です。肩こりにもビタミンBが有効になるように、中性脂肪の数値に関しても食事の内容が大きく関連してきます。脂質異常症となるのは、脂質の摂取量が非常に多いという事。豚肉の脂や、牛脂、バターなどの摂取量が多くなることが要因であり、これらの飽和脂肪酸を極力摂取しないような中性脂肪を減らす食事へと変えていくことが必要になります。基本的には食物繊維を多くとり、野菜類から海藻類、キノコ類、豆類などをバランスよく摂取することが有効となります。

    ここで重要になってくるのは脂肪酸となります。脂肪酸は食品中に含まれる脂質の成分となります。脂肪酸はその構造の違いにより飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分けられ、生活習慣病やメタボリックシンドロームに影響与えているのは飽和脂肪酸となります。飽和脂肪酸とは肉類の脂、牛脂など常温で固形となる脂が該当し、脂肪分は非常に高いため脂質異常症の可能性を高めます。