• タイトル画像

    首の筋肉が疲労するのは頭部を傾けた姿勢を続けること

    肩こりの原因は運動不足やストレスが考えられます

    生活習慣の中に必ずヒントがあります
    生活習慣を見直して問題点を探す


    clear

    肩こりの原因は?

    人間は立って歩くために重い頭と両腕を肩で支えなくてはいけません。人は起きている状態では肩の筋肉は常に緊張した状態となり、疲労物質が溜まってしまいます。

    血液がその疲労物質を流す役目なのですが、血行が悪いとそのまま留まってしまい肩こりとなります。

    自分の肩こりは、何が原因であるかをよく知ることが大事です。

    目の使いすぎに注意

    目を酷使することは肩こりの悪化に繋がります。仕事やプライベート問わずパソコンを触るなど細かな作業を続けることにより首筋から肩にかけて血行が悪くなり筋肉がかたくなってきます。

    目が疲れると自然と目もとや鼻、こめかみを押したりしますが、目の周りは、眼精疲労に効くツボが多数ありますので、よく刺激するのがよいでしょう。また、蒸しタオルなどで暖めることも効果があります。

    原因が多い 悪い姿勢と筋肉疲労

    寝転がって本を読むことなど リラックスした体制で何かをする時は大抵悪い姿勢となります。

    背筋がまっすぐになることが望ましいのですが、片手で頭を支える。両肘で体を支える。足を組むこともよくありません。

    一部の筋肉を楽にしようとして反対側の筋肉に負担を掛けてしまいます。

    また、パソコンを長時間使用する際にも、手首をわずかに上げた状態や、マウスを数ミリ動かす動作など上腕から肩まで微妙な筋力の調整が必要となり筋肉を緊張させていまいます。

    ストレスため込んでませんか?

    ストレスは最も厄介です。悪い姿勢を正すことは容易ですが、ストレスに関しては人間関係、環境問題など原因を取り除くことが困難なことが多く、数日間の旅行に行って解消する事ができればよいのですが、ほとんどの場合難しいことでしょう。

    また、「まったく周りにストレスを感じることはない」と言われる方も 仕事→残業→帰宅→就寝→出勤 の繰り返しを数ヶ月繰り返しているということはないですか?

    大好きな仕事でもリフレッシュ休暇を入れることで体調を整えたり、日頃の緊張を解いて体の各部を休ませてあげることが大切となってきます。

    ストレスは、胃の痛みや頭痛、だるさ、肌荒れ、抜け毛など身体全体に悪い影響が出てきます。

    気合いで乗り切る仕事のプレッシャーに負けて、大きなストレスとして抱え込んでいませんか?ハードルを下げて時には身体の事を考えることも大切です。

    自分のストレスが溜まっていると感じる時に、リフレッシュするストレス解消法を知っていますか?

    原因が思い当たらない場合は、家族に聞いてみるのも

    目の使いすぎは肩全体の筋肉を緊張させてしまいます

    今のあなた、正しい姿勢ですか?

    もう一人の自分に、ストレスについて聞いてみる

    スポンサードリンク



    これが効きます。パソコン周り
    これが効きます。自宅にて
    石の遠赤外線とイオン効果
    寝具から見直そう

    肩こりの原因となる肩、首の筋肉の緊張について

    肩こりの原因は、仕事などのストレスや、同じ姿勢を繰り返すことや、姿勢が悪いこと(猫背などの場合や、身体の一部の機能が十分でない場合、その部分をカバーする為に他の部分が無理をしてしまう事)などより一部の筋肉に負担をかけてしまう事
    による部分疲労です。この疲労した状態が続くと患部を緊張させ血流が正しく流れなくなり疲労物質(乳酸)が溜まります。肩こりが原因で患部に蓄積された疲労物質は、患部の筋肉を動かすことやマッサージなどにより血流量を高め排出する事が望ましく、そのまま肩こりの状態(血行不良)にしていると周りの筋肉にも緊張や患部をカバーする為の運動が必要になり肩こりが
    ひどくなっていきます。

    原因を知ることが最も大事になります

    一度肩こりになると、肩の動きがぎこちなくなり肩や首の部分が緊張している状態が分かるようになります。椅子に座りパソコンなどを使用する際に肘から先を微妙に持ち上げたり、そのまま上腕に若干の力が加わっている状態で停止したりすると肩甲骨の
    周りの筋肉が緊張しているのが分かります。また、大きめのマウスを使い、手首をべったりデスクに着けたまま使用することや、逆に小さめのマウスに変えて、マウスを持ち上げる際の重量を軽くするなど、ちょっとしたことで違いが出てきます。マウスや
    キーボードなどの入力装置は人間工学に基づいて、無理な力が加わらないような形状の製品など、大きさ、重さ、形を自分が楽であると感じる物に交換する事で、肩こりの原因を一つ減らすことが出来ます。

    今着ている服は、最適なサイズでしょうか? 服の好みにもよりますが、ぴったりめのTシャツなどを好んで着る方は、1サイズ大きめを選び、肩から上腕の動きにより服が引っ張られたりしないように気をつけてみましょう。また、肩に重量が乗ってしまう
    ベストや皮ジャン、ブルゾンなどは、軽めのニット素材の服に替えるなどしてみましょう。ポイントは、首から肩、腕にかけて身体の動く動作を妨げないこと。肩こりの患部が冷えないよう一定の体温が保てるような服を選ぶことです。

    生活習慣病の改善とは体を動かす生活習慣と食事習慣を変えていく事。

    肩こりになってしまう原因と同じように、中性脂肪やコレステロールなどの数値が高くなってしまう脂質異常症や、糖尿病、高血圧などこれらの症状をまとめたメタボリックシンドロームを改善していくには、血行を促進するような運動習慣が必要になってきます。肥満の原因は食事の摂取量が多い事、そして摂取カロリーを消費するだけの運動量が足りていないことが原因となります。

    また、食事習慣が大きく影響していることが分かっており、脂質の多い筋肉や豚肉などの摂取量と、バターを使った食品、そしてチーズなどの乳脂肪を使った食品の摂取量を控えるようにしていきます。そして、中性脂肪を下げる食品を摂取していくことが望ましいですが、ポイントは不飽和脂肪酸の多価不飽和脂肪酸を摂取していくということ。中性脂肪を下げる働きのある魚の油(EPAやDHA) n-3系と言われている脂肪酸となります。

    コレステロールや中性脂肪が高い原因は毎日の生活習慣にあります、血行不良によって起こる腰痛や肩こりと同じように、体を動かさない運動不足の状態を続ける生活習慣が影響します。そして、アルコールや食事の時間、就寝時間なども影響してくることから、中性脂肪を減らすhttp://www.cyua.info/02menu.htmlためには規則正しい生活習慣が必要となってきます。炭水化物を控え食物繊維の摂取量を増やすという食生活の改善が重要になります。