お風呂:入浴で改善できること

2017年7月28日

1日の終わりに温かいお風呂に入るというのは私の楽しみの1つなのです。1日の予定を見てみてもリラックスできる時間というのはそれほど多くないので、お風呂の時間だけはゆっくりしたいというのが本音なのです。

気分的に肩こり解消になってることは間違いなく、もし私の肩こりの原因ストレスによるものなら、間違いなく改善していると言えると思うのです。

お風呂のゆったりとする時間を大事にする

パソコンを長時間触っていると目の奥が痛くなってきますが、その様な疲れもお風呂に入ってこめかみをマッサージすることによってだいぶ良くなります。

マッサージすることで血行が促進するのは分かるのですが、これほどまでに疲れが改善するのは、他の方法では無理だと思うのです。眼精疲労に効果のある目薬を入れて目もとを冷やすひんやりシートを乗せていても、さほど効果は現れないのにお風呂だと劇的に疲労が回復できるように思います。

お風呂の温熱効果を更に高めるグッズ

お風呂に入ったときの効果を高めるには、トルマリンなどの鉱石をお湯の中に入れて効果を更に高める方が有効だと思います。実際にお湯の温度を測ったわけではありませんが、更に熱量が増したように感じるのです。

肩こりは、自分の感覚的なイメージで違和感を感じてしまいますが、それと同じようにトルマリンなどを使用したときの効果も、自分が効果があると信じることによって本当に血行促進になるのだと思います。

栄養価の高い食事を摂取して効果を高める

最近は、豚肉を玉ねぎと一緒に食べたりと、ビタミンBを摂取するように心がけたりしているので、お風呂の効果+ビタミンの摂取の効果も現れているのではないかと思っています。

お湯に浸かりながら首のこりを改善するために背中から耳の後ろまでゆっくりとマッサージして、頭部を前に倒していきストレッチをするようにしています。

このようなちょっとした肩こり改善の考え方が重要なのだと思います。風呂上がりの体のだるさが結構変わってくる(強めに現れるようになる)ので、布団と枕に触れたとたん睡魔が襲ってきて深い眠りにつくことができます。

Posted by admin