意識すると肩こりになってしまう

2017年7月28日

肩こり解消の方法を色々試してきたのですが、効果のある方法はそれほど多くないことが分かってきたのです。緊張してしまった筋肉を解すために肩こりストレッチを毎日やるようになったし、何かにつけて首や肩をマッサージしたり、腕を回したりする事が癖になってきました。

これは、良いことでもあるのですが、常に肩こりのことを意識してしまっているという悪いことでもあると思います。肩こりは感覚的な違和感のことらしく、肩の筋肉が緊張していたとしても本人が気が付かなければ全く肩こりとは言えないそうです。

意識しない心がけが大事である

肩の筋肉ががちがち状態でも腕は動くし、物を持つことはできます。パソコンのキーボードを触ることも可能だし、字を書くことも食事をする事も何でも出来ます。結局は肩こりで悩むというのは、自分がどう思っているかによるのではないかと思うのです。

つまり、意識してしまうことが肩こりを生み出してしまっているという事。もしかしたらいつも気が付かないだけで、足の筋肉が凝っていたりするかもしれません。意識するようになれば、いつもより疲れが溜まっているとか色々なことを考えるよりなるかもしれません。

肩こり以外のことを考える時間を増やすべき

なので、いつも肩こりの原因に付いて考えたりするのですが、できるだけ意識しないように心がけようと思っているのです。

毎日忙しくて何かに追われる生活を続けていれば、肩こりのことを意識することなんて無くなるはずです。私はパソコンを触る機会が多いので、何かと考え事をする事があるのです。ちょっとした時間に立ち上がって「何をしようか?」と考えると...肩こりのツボを押してみたり、体操を始めていたりします。

意識せず忘れた状態になるために何をするべきか

既に肩こりを意識しているというレベルではなく、体に染みついてしまっているような感じがするのです。ここまで肩こりについてあれこれ考えるようになると、意識せずに忘れることなんて無理なことだと思うのです。

もしかしたら、交通事故に遭ったりして意識不明の重体になり、過去の記憶が無くなってしまえば、肩こりを意識する考え方も消えるのかもしれません。

Posted by admin