うつむく姿勢が問題

2017年7月28日

肩こりの状態に悩み出してから最も問題だと思うのは、気がつけばいつもうつむき加減の姿勢になってることです。

このうつむき加減の姿勢は、重い頭を首周りの筋肉が支えている状態であり、かなり無理をしている状況が続いています。最初はそれほど痛みも感じないのですが、段々と肩こりが酷くなってくると、首周りの違和感を強く感じるようになります。

うつむく姿勢をやめるべき

かなり厄介だと思うのは、パソコンを触っていたり、スマホを操作したりするなど同じような姿勢でいる時間がかなり多いことです。そして、日々同じ姿勢を繰り返すので、 2~3日程度温泉に浸かったくらいでは解消できないということです。

首周りに違和感を感じてから何らかの対策をしても、一時的に痛みが和らぐ程度であり、結局毎日の日課としてかなりの時間において「うつむく体制」となっているので、いつまで経っても肩こりが解消しない状況となります。

完全に完治させる事は難しいこと

肩こりに関しては、根絶することは絶対に無理である事は分かっています。首の根っこや背中など、肩こりの場所は人それぞれですが、どうしても重い頭を支えるためには筋肉疲労の状態になってしまうという状態となります。

姿勢が崩れて、首周りの筋肉が無理をしている時間をできるだけ少なくしていくことが重要だと思います。

仕事の時にうつむく姿勢にならないようにするには

だからといって、仕事などをしていながらうつむく姿勢を修正するのは、かなり困難だと思います。最近では、正しい姿勢をしていても肩こりのことを話していると、自然と肩が凝ってくるような気になってしまいます。

出来るだけ毎日の生活スタイルを変えずに肩こりにとらわれすぎない生活に変えることが重要になってきそうです。

Posted by admin