ボルダリングで上半身を鍛える

普段から運動不足な状態が続いている人は肩こりになりやすく、お風呂に入って遠赤外線効果で血流量を高めて首周りの緊張を緩和させても、次の日にはまた肩こりに悩まされてしまう事となります。

「肩こりは完治しない」とよく言われるように、一時的にマッサージなどで疲労物質を取り除く方法ばかりだと一向に改善しません。この問題を解決する1つの方法が「ボルダリング」です。

ボルダリングとは?

ボルダリングは、近年流行ってきた室内スポーツです。人工的に作られた壁に取り付けられた小さな突起物(ソフトボールやゴルフボールサイズの石)に手と足を置いて、試行錯誤しながらクライミングするスポーツです。いわゆる「壁のぼり」となります。

ボルダリングは、室内の壁を登るスポーツ

木登りをするような感覚で、次々に与えられた難題をクリアして達成していく楽しみがあるため、多くの人に支持されるようになりました。

腕の力がないと楽しめないのでは?

多くの人が感じるのは、素人の場合には全く登れないので、最初の段階で挫折してしまうのでは?ということです。しかし、子供や女性でも問題なく楽しめるように、「難易度を等級で分けて」います。

ボルダリング初心者でも、初級は難なく登れるように設定されている

懸垂をする事が全くできない(1回も無理である)人であっても、バランスよく手と足に体重を分散させて移動していけばクリアする事ができます。つまり、腕の筋力だけで登るスポーツではないのです。

誰でも簡単に始めることができる

「ボルダリングをやってみよう」と思うきっかけは人それぞれですが、多くのメリットがあるため今後も競技人口が増えていくと予想されます。ボルダリングの魅力は以下となります。

  • 室内スポーツなので雨天や台風でも楽しめる
  • チームスポーツではないので一人でエクササイズできる
  • 目の前の壁を登るという分かりやすいシンプルなルール
  • 普段着で楽しめる(競技で揃える物が少ない)
  • 上半身の筋力アップに有効である

新しくスポーツを始めるときに、専用のラケットやグローブ、ユニフォームやシューズ、プロテクターやヘルメットなどが必要な場合には、予算を準備する必要がありますが、ボルダリングが普段着で参加できます。

シューズだけは安全性を維持するため専用タイプが必要ですが、レンタルできるジムが多くあります。「スポーツシューズならOK」というルールの県営施設もあるため、最初から何も準備せずに始めることができます。

肩こりに最高に良い運動である

そして、ここが本題です。ボルダリングは、足と手、そして腰や背中など全身の筋肉を使っていく競技であるため、普段から使っていない筋力を大量に必要とします。そのため、デスクワークばかりしている人には上半身の筋力アップができます

腕や背中などの上半身を強化することができる

これは、慢性的な肩こりに悩まされている人にとってはベストな条件となります。実際に日頃から筋力不足や肩こりに悩まされていた人が、ボルダリングによって肩こり解消できた人が多くいます。

肩こりになってしまうのは筋肉が足りないから

肩こりで悩んでいる人に多いのが「上半身の筋力低下」です。毎日歩く時間が少なく、しかもパソコンの前で座っている仕事が中心であればかなり筋力が低下してしまっている可能性が高いのです。これが原因で、首のこりや背中や上腕に違和感(典型的な肩こり)を感じるようになります。

普段使っていない筋肉を使い血行促進

ボルダリングをやってみて「楽しい」と感じるなら、あとは夢中にボルダリングを継続するだけで肩こりの原因がなくなり、完全に肩こりを意識しない生活となる可能性があります。

まとめ:ボルダリングをやって肩こりを改善

周りの人達から「面白そう!やってみたい!」と言われるスポーツをする事によって、自分の生活習慣が充実していると意識する事ができます。このような感覚は肩こりを改善するために重要な事です。

そして、普段使っていない肩甲骨まわりの筋力を強化することができるので、ボルダリングをずっと続けていく事により肩こりの要因が取り除かれていく可能性があります。

多くの筋肉をつけてしまえば、血行が促進されるので肩こりとなってしまう可能性が大幅に下がるはずです。

Posted by admin